トップ / 学校のキホンを考える

学校の学びを得る

学校のキホンを考える

学校にある購買について

高校くらいになると、学校内に購買といっていろいろなものを販売している小さな店舗が入っているところもあるのです。もちろん、ないところもあるのですが、あるところではノートなどの文具をはじめとして、飲み物やパンやお菓子、体育用品など、学校生活に必要なものを販売していたりするのです。ですから、それをあてにしてお弁当を用意してこない人もいたりしますし、学食などが完備されているところさえもあるのです。ですから、早い時間にお弁当を食べてしまってもお昼にはまた購入することができたりするので、とても便利なのです。

購買の品揃えは最小限にとどまる

甘さが際立つ食品や風変わりな文房具などが陳列されている購買は、生徒からしてみれば宝の山と言ってもいいほどの場所です。品揃えは場所によりけりですが、豊富である可能性は低いと言えます。教育機関ですから、学校において必要な最小限の商品だけを扱っていれば事足ります。出される要望を全て聞き入れる義務はないので、どの購買も代わり映えしないように見えるというわけです。その一方で、食品に関しては地産地消を重視して学校で楽しめる味には特色があります。休み時間のささやかな楽しみは、食事にあると考えても大げさではないです。

↑PAGE TOP

Copyright © 学校の基本を知っていく. All rights reserved.