トップ

学校の学びを深める

学校の基本を知っていく

教育は学校の校門から始められる

校門を通り過ぎる生徒の所作を観察していると、各々の個性が明らかになり飽きることがありません。誰もが善良に振舞っているわけでもなくて、ときおり注意しなければならないと感じさせる行動を取る一人を目撃して学校で教育を施す実例が発生します。美化活動の成果を踏みにじるような行為や他の生徒への過度な接触が当てはまります。教職員が目を光らせていないと、当該行動は激しさを増す傾向が強いです。放置したままでいたら学校の平穏が損なわれるために、早めの対処が必要になります。校門を通じることによって、人格形成が可能というわけです。

校門は原則施錠されています

近頃の学校の校門は、特にイベント等が無い限り、施錠されています。施錠されている理由はセキュリティ上の問題です。ゆゆしき事に近年では、子供を標的にした事件が多発しており、学校のセキュリティ対策が問われています。悪者や泥棒が校内に侵入し、悪事を働くケースもあり、校門の施錠が社会的に迫られています。最近では警備員や防犯カメラでセキュリティ対策を講じる場所も増えてきました。件数自体は急増していませんが、明らかに子供を狙った事件は注目されており、保護者の不安の声は増大しています。水際で悪者の侵入を防止出来れば、数々の犯罪が抑止可能です。

↑PAGE TOP

Copyright © 学校の基本を知っていく. All rights reserved.